「誰かわからない」若年の認知症になると想像を絶するほど悲惨なことになった

max86_ugegege20150207110830_tp_v

 (株)エンタメを いいねして
最新情報をGET!






昨年の暮れに会ったときは元気だった祖母がボケ始め、

数か月で一気に認知症が進行し、

母の友人のツテで特別養護老人ホームに入ることになった。

4月くらいに実家に帰った際、

祖母と同居していた両親とホームに面会に行ったら、

祖母は俺の顔も名前も覚えてなかった。


幼い頃から可愛がってもらっていたのですごくショックだったが、

今までずっと家で農作業や家事を気張ってやっていた分、

これからはホームで悠々自適に過ごして欲しいと思うようにした。

それからしばらくして、仕事中に違和感を感じることが多くなった。

毎日書いているはずの書類に書く言葉が出てこない。



↓ 記事の続きはこちら! ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼