【感動話】「自殺する前に僕に抱かれませんか?」自殺する女性を誘ってみた結果

max16011430_tp_v

 (株)エンタメを いいねして
最新情報をGET!






今回の話し、一見変人の話しかと思ったら

実は感動話しです。

騙されたと思って読んでみて下さい。

《全部で7ページ構成になっています。
普段、よりもページ数は多いですが、それだけの価値があると思い掲載することにしました。》
—————————————————————————————

男「靴脱いでるし、これから飛び降りるんですよね?」

女「おっしゃるとおり、飛び降りようとしてましたけど。
  なんですかあなた?」

男「よかったあ!」

女「はい?」

男「だって自殺するんですよね、ここから飛び降りるってことは」

女「そうですが」

男「自殺するっていうなら、その前に僕に抱かれませんか?」

女「はい?」

男「なかなか出会えないんですよね、これから死ぬって人に」

女「……」

男「しかも僕は運がいい。こんな美人とめぐり会えるなんて」

女「あの、飛び降りていいですか?」

男「僕の話、聞いてたでしょう?」

女「ええ。エッチがどうとか言ってましたね」

男「フッ、そうです。僕の目的はただその一点のみです」

男「安心してください」

男「あなたの自殺を止める気なんて、僕にはこれっぽっちもありませんよ」

女「帰ってもらっていいですか?」

男「僕に帰る場所はありません。あるとしたら、あなたの胸の中だけだ」

女「もう飛び降りていいですか?」

男「どうして!?」

女「ご自分の胸に聞いてください」

男「いいでしょう。あなたを止める資格は、僕にはない」

男「ただ、ひとつだけ聞かせてもらってもいいですか?」

女「ひとつだけですよ」

男「三日前って白のパンティー履いてました?」

女「……はい?」

男「『なぜ見ず知らずの男が、わたしの履いているパンティーの色を知っている?』」

男「そんな顔をしてますね」

女「あなた、なんなんですか」

男「フッ、どこにでもいる素人童貞ですよ」

女「それは聞いてません」

男「なぜ僕があなたのパンティーについて知っているのか」

男「簡単ですよ。あなたはここ一週間、このマンションの屋上から飛び降りようとしていた」

男「そうですね?」

女「一週間も前から、わたしのことを見ていたんですか」

男「正確にはあなたではなく、あなたのスカートの中を、ですがね」

男「あなたは飛び降り自殺を実行しようとしていた」

男「しかし、いつもギリギリでやめてしまいますね」

女「……」

男「いやあ、一週間前にこのマンションを見上げたときは驚きましたよ」

男「『あっ、パンツだ!』って」

女「パンツだったんですか、真っ先にあなたの目に飛びこんできたのは」

男「そりゃそうでしょう」

男「なかなかないんですからね。パンチラに出会う機会って」

女「あなた、これから死ぬ人間によくそんなことを言えますね」

男「逆ですよ。口なしになる人にだからこそ、思ったことをぶっちゃけてるんですよ」

女「で、抱かせてくれ、ですか?」

男「フッ、なんなら僕が抱かれてもいいですよ」

女「けっこうです」

男「うーむ。どうも、あなたは難しい人間のようですね」

女「わたしはいたって普通です。おかしいのはあなたでしょう。
  死後の世界にだって、初対面で抱かせてくれる人なんていませんよ」

男「たしかに。いきなりすぎましたね」

女「わかってもらえたならいいです。それじゃあさよなら」

男「なんでまた飛び降りようとしてるんですか」

女「死ぬからです」

男「待ってくださいよ。まだ抱いてないんですから」

女「あなたに抱かれるつもりはありません」

男「今は、でしょう?」

女「一生です」

男「だから一生を終わらせようとしないで。僕の話、まだ終わってません」

男「実はどうしても聞きたいことがあったんですよ」

女「なんですか?」

男「なぜ今日はスカートじゃないんですか?」

女「なにが言いたいんですか?」

男「フッ、この建物の下から空を見あげるとね、見えるんですよ」

男「太陽よりもまぶしいもの。あなたのパンツがね」

女「あなた、どんだけパンツ好きなんですか」

男「最近の僕にとっての一番の楽しみだったんですよ。それなのに、どうして……!?」

女「べつに。今日はスカートの気分じゃなかっただけです」

男「たまたまスカートじゃなかった、そういうことですか?」

女「そう言ってるでしょう」

男「じゃあ今からスカートに着替えてきてもらっていいですか?」

女「そんな暇があるなら、さっさと死にます」

男「なぜそんなに死に急ぐんですか?」

女「死にたいからです」

男「べつによくないですか? どうせもうあなたは死ぬんだから」

女「どういうことですか?」

男「死ぬって決めたら、こころにゆとりができません?」

女「ゆとり、ですか」

男「だってこれからなにが起きても、あなたはここから飛ぶんですよ」

男「いつでも人生をクリアできるんだから、なにが起きても安心でしょう?」

女「ゼロになるというか、終わらせられるというか……結果は決まってます」

男「つまり、たいていのことは許せますよね?」

女「たしかに。たどる結末は見えてますからね」

男「じゃあ僕に抱かれましょう」

女「結局それですか」

男「僕に抱かれるのが、イヤなんですか?」

女「イイと思うんですか、わたしが?」

男「質問に質問は感心しませんね」

女「あなたの言動よりはマシでしょう。でも、そうですね……」

男「おやおや。ようやく僕を受け入れてくれますか」

女「ええ。最期ぐらいは、役に立つことをしてもいいかもしれません」

男「話の理解が早い人で助かります」

女「ええ。警察に通報します」

男「フッ……」

女「言っておきますけど、おどしとかじゃないですから」

男「ほほう」

女「こんな世の中です。
  女であるわたしがあなたを通報すれば、どうなるかはわかりますよね?」

男「フッ、あまいですねえ」

女「あまい?」

男「あなたは自殺を図っていた。身元整理はしてるんじゃないですか?」

女「それは……」


男「ケータイを解約したりとか、遺言書を残してたりすれば」

男「自殺の証拠としては十分ですよね」

男「ていうか、ケータイ解約してたら警察に通報すらできませんけどね」

女「うっ……」

男「つまりあなたは、僕に抱かれて死ぬか」

男「僕を通報して、ダラダラとこの世界で生きていくって選択肢しかないんですよ」

女「どっちも地獄ですね」

男「さあどうしますか?」

女「……」

男「おとなしくしていれば、優しくしますよ」

女「きゃあああああっ! 誰か助けてえええ!!」

男「ええっ!?」

男「これから死ぬくせに、なに助けを呼んでるんですか!?」

女「あなたを出すとこに出して、それから死ぬことにしました」

管理人「なにかあったんですか!?」

男「!!」

女「実はここに極めて特殊な変態が……」

管理人「なぜ裸足なんですか?」

女「え? あ、いやその……ちょっと開放的な気分になりたくて……」

管理人「開放的な気分ねえ」

女「ほ、本当です。あの、coccoとかそういう歌手の人のマネです」

管理人「悪いけど、屋上から出てもらってもいい?」





↓ 記事の続きはこちら! ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼