【日本の闇】日本で隠されてきた集落。いまの時代には考えられない生活ばかりだった

img_3520_r

 (株)エンタメを いいねして
最新情報をGET!






皆さんは、「山窩」(さんか)と言う言葉を聞いたことがありますか?

1950年代ころまで確認された、

山中を漂泊し戸籍を持たず、定住せず、

竹細工、蓑つくりを生業とし山の幸、

川の幸で生活しているサンカと呼ばれる人々がいました。

img_3520_r

出典先


「ウメガイ」という両刃の山刀と「テンジン」と呼ばれる自在鉤、

「ヤエガキ」といわれる厳しい掟をもった人々でした。

サンカというのは、定住の民が名付けた蔑称で、

彼らは独特の自称を持っているそうです。

かつて柳田国男や三角寛らが研究し、





記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼