これだけは知っておいて下さい。日本人パイロットが命を賭けた「13秒」死の本当の理由

css_zangyougirl1292_tp_v1

 (株)エンタメを いいねして
最新情報をGET!






1999年11月22日午後、

航空自衛隊入間基地所属のT‐33型Aジェット練習機が

埼玉県狭山市の入間基地北東約2キロの河川敷に墜落した。

パイロット2名は殉職した。

その際に東京電力の高圧送電線を切断し、


東京・埼玉の約80万世帯で停電する事故が起きた。

翌日、新聞各紙は大々的に報道して、

「自衛隊機、また事故」「東京・埼玉で一斉停電」「税金の無駄使い」

そして、T-33型Aジェット練習機と

伝えられたため「パイロットが未熟だったために事故は起こった」と





記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼